JAY®フィットシステム・アジャスタブル・コントゥアシート


JAY®フィットシステム・アジャスタブル・コントゥアシート


障害児の成長に対応して姿勢保持を提供するために開発された究極のシーティングシステム


製品名称JAY®フィットシステム・アジャスタブル・コントゥアシート
カテゴリ姿勢保持用シーティング・システム(シート)
基本価格 10 / 12"幅:83,000円~(税抜)
14 / 16 / 18"幅: 90,000円~(税抜)
基本重量2kg
保証1年

本製品には、以下のアイテムが標準装備されています。

  1. フィット・シート(写真はオプションの内転・外転・骨盤サポート装着時)
  2. フィット・シート(写真2のカバーを外した状態)
  3. フィット・シート(後部からウェルにフォームを挿入している状態)
  4. フィット・シート・シーティングシステム(写真はシート及びバックを車椅子に取り付けた状態)

消費税について

車椅子と同時に購入する場合は非課税、単品で購入する場合は課税扱いになります。


改造

様々なサイズと調節機能、そして多くのパーツにより、通常改造は必要ありませんが、特注を承ることも可能です。個別にお見積もり致しますので、お問い合わせください。


オプションカバー

  • インコンチネンス・カバー
  • エアエクスチェンジ・カバー
  • ノーガハイド・カバー(人工皮革)

特長

JAY®フィットシステム


障害児の成長に対応して姿勢保持を提供するために開発された究極のシーティング・システムです。


従来の座位保持装置、そしてモールド型のシーティング・システムの欠点を補うとともに、GSクッションだけでは充分なサポートが得られない方のニーズを満たす製品です。


従来の座位保持装置の多くは、座面や背面が平面であるために、身体への接地面が少なく、安定性も快適性も低いことが欠点でした。また、快適性だけを追求した従来の座位保持装置の場合、快適性は得られても身体の変形を助長していました。JAY®フィットシステムは、調節可能なコントゥア(曲線)の形状によって接地面を最大限に提供することで、安定性と快適性を提供するとともに機能性の向上に役立ちます。


JAY®フィットシステムは、硬い基部によって保持を行い、パッド部分で快適性を提供します。モールド型のシーティング・システムの問題点は、成長によって形状が合わなくなり、快適性や安定性が損なわれることでした。成長に合わせて使用できるパーツが多く用意されており、調整機能によって、いつでも使用する方に合わせた姿勢保持が提供できます。また、さまざまなサポート・パーツが、マジックテープではなく、ネジ止めによって固定できるため、緊張の強い方にも対応可能です。


欧米では義務づけられている、バスなどの床に車いす使用者をストラップ等で固定して輸送する際のクラッシュテストもパスした製品であり、シーティング・システムがクラッシュ時に飛び出ないような車いすへの脱着装置が使用されていますが、車いすからシーティング・システムをワンタッチでの取り外すことも可能です。


JAY®フィットシート


JAY®フィットシステム・アジャスタブル・コントゥアシートは、障害児の成長に対応して姿勢保持を提供するために開発されたJAY®フィットシステムのシート部分です。JAY®フィットバックと合わせてシステムとして、または他のバックとの組み合わせで使用することができます。


名前の通り、調節可能なコントゥア(臀部の形状に合わせた)シートです。腿と大転子の下は圧を受けるために高く、臀部の下は低くなっており、圧の分散と安定性の提供を行います。臀部の下に位置するウェル(窪み)の部分には、使用される方のニーズに応じて、反発力の違う4種類の低反発フォーム、4種類の反発フォーム、ジェイフロー流動体褥瘡予防パッドから選択して使用することができます。フォームを使用する際は、必要に応じて2~3枚を重ねて使用し、異なる性質のフォームを重ねることもできます。パッド部分の左右のバランスを変えたり、底上げ部品を使用することで、骨盤の片側への傾きを戻して側彎を防止したり、内転防止、外転防止、ヒップガイド等、さまざまなオプション・パーツを追加することで、脚の内転、外転、ウインドスエプト変形などを防止し、正しい肢位を確立することが可能です。


用意されているさまざまなパーツの組み合わせと調節機能により、モールド式に限りなく近いモジュラー型のクッションとして、成長や変化に対応した正しい姿勢保持を行うとともに、機能性を最大限発揮することを可能にします。




ページの先頭に戻る